fc2ブログ

自分のルーツ

2013-09-01 Sun : 真我の探求
自分のルーツ

霊体とか、知性体といわれたり、魂という言われ方をしている、
個別性を持った、個々の宇宙知性が在る。

魂の役目を持っていたり、生まれ変わりを経験する本体である。

物質でできた肉体から抜け出すとき、鼻から吸った最後の一息によって、
原因体は微細体と合体して出て行くのだという。

すなわち、生まれ変わるときは、今まで使っていたマナス(マインド)や微細な感覚器官、
ブッディ(理性)、アハンカーラ(自我)、チッタ(心)もそのまま持って生まれてくる。

チッタには、過去生のカルマや残存印象(サンスカーラ)などが記憶として記録されているので、
これらは機が熟したときに、本人の経験としてやってくる。

良いカルマも、悪いカルマも、
その宇宙知性が、進化成長するための
貴重な機会を提供してくれるものである。
すなわち、必要、必然、最善なのである。


高徳の魂や、高い知性を達成していた宇宙知性は、
磨かれたマナスやブッディ、アハンカーラ、チッタを持っているので、
その状態を維持して再び生まれてくる。

なぜなら、人として生まれてくる最終ゴールは、真我との合一であるから。

魂の成熟度により、今世に最終ゴールできるのか、
はたまた、未来の生で達成されるのか、
種々色々であろう。

良い悪いはない。

自分が今世持ってきた「想い」を実現することが、その人の進化成長を助けるのだから。

全ての人が、自己を成就することができますようにと、
心からお祈りしております。

合掌






関連記事

トラックバック

http://holyoverflows.blog.fc2.com/tb.php/24-6f81cd13

コメントの投稿

Secret