FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンチケダール巡礼 その4 マディヤマヘーシュワール寺院

2015-11-19 Thu : 聖地巡礼
マディヤマヘーシュワール寺院への巡礼
Madhyamaheswar Temple


パンチケダールの中で、へその部分がを顕れた場所といわれている聖地。
標高、3497m。
パーンダヴァ兄弟たちが建てたお寺だという。

Mandalから乗り合いジープに乗り、Rashiへ昼過ぎ頃着いた。
ここからGaundar村まで、約4km歩く。
翌日は、4-5時間歩いて、Nanu Chattiに泊まった。
途中のティーショップのおじさんが、庭にたくさん咲いている花を摘んでくれ、持たせてくれた。
寺に献花するようにという、計らいだと観じた。

翌日、ナヌ・チャッティからマディヤマヘッシュワール寺院へ、4-5時間歩いて昼過ぎ位に到着した。
まだ体調が完全に回復していないので、非常にゆっくりなペースで歩いた。
深い森の中の、開けた場所に建てられている、神聖な寺院だ。

Madhyamaheswar Temple


午後、寺にお参りをして、頂いたお花を神様の像やパーンダヴァ兄弟たちの祠に献花した。

ふと山の斜面を見上げると、赤と黄色の旗がはためいているのが見えた。
気になったので、そこに行ってみると、マーハー・カーリー女神が祀られていた。
寺のスワミがお供えしたと思われる、ブラフマ・カマルも飾られていた。

Maha Kali


ウチなる導きにより、ここで祈祷を行った。
最初、カーリー女神が威嚇してきたように、観じられた。
しかし、夫であるシヴァ神の波動を感じ取り、協力することを約束してくれた。
非常に強烈な女神様だ。

19:00から、寺でアーラティという火の儀式に参加した。
そのとき、プラサードとして、白い花を頂いた。

翌朝、朝日が降り注ぐ中、神聖なエネルギーを観じて、写真を撮した。
バッファローに、不思議なエネルギーが写っていた。
バッファローは、ヤマ神(運命を司る神、または死を与える神)の乗り物だという。インドでは。

madhyamaheswar sunrise


帰り道、お花をもらったティーショップにまた寄った。
おじさんに、プラサードとしてもらった白い花を差し上げた。
とても喜んでくれたので、良かった。

Gaundar の少し手前にある Bantoli という村に一泊することにして、ここで遅めのランチを食べて休息していたら、
急に突風が吹き始め、黄色い砂嵐をそこら中に巻き起こしていった。
激しい雨も降ってきた。

まるで、カーリー女神が力を見せつけているかのようだった。
すごい威力だ。

これに同調し、浄化の祈祷を捧げた。
この日の月は、13夜。
月の真ん中から、虹色の光線が煙のように吹き出し、不思議なエネルギーが現れていた。

何か必要なことが起こっているようだった。
人智を超えた、創造主のみが知りうること。

om namah shivaya.









関連記事

トラックバック

http://holyoverflows.blog.fc2.com/tb.php/39-8534f790

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。